福山産業の特徴

CS解体システム

解体工事から産業廃棄物の運搬まで

CS解体システム

解体工事から産業廃棄物の運搬まで「着工前会議チェックシート」「工程内検査チェックシート」を基に、一貫して迅速・丁寧・安全な作業を行います。

CS解体システム導入による高品質の維持とコスト削減

当社独自のシステムを活用することにより安定した品質と低コストを実現し、コンプライアンスと社会的責任(CSR)を果たせるように基準を設けて顧客満足を追求し続けています。

チェックシート
チェックシート

主な作業紹介

リアルタイム管理システム

工事現場責任者は写真付きで作業状況の報告を行います。
「工程内検査チェックシート」を基に確認・調整を行い、決められた工程を着実に遂行します。

リアルタイム管理システム
リアルタイム管理システム

【注文者様専用】 現場状況確認システム

現場の作業進捗状況をPCやスマホで確認ができるよう
弊社スタッフが撮影して、その日のうちに投稿させていただきます。
施主様は登録のメールアドレスに投稿UPのお知らせが届きますので
マイページへログインいただき、その日の進行状況をご確認ください。
時系列ですので過去のものもご確認いただけます。
現場にわざわざ足を運ぶことなく、作業状況が手に取るように把握できる安心安全なシステムです。

ログイン後のページ見本

現場状況確認ページ
現場状況確認ページ

新たな取り組み

エコアクション21

エコアクション21

当社は創業以来、環境との共生・調和をテーマに社会に貢献する企業を目指しており、環境省が策定した「エコアクション21」を取得しました。地域社会のみならず地球規模での観点から、事業活動における環境負荷を認識し、省資源・省エネルギーリサイクルに努めています。
作業にあたる一人一人の意識を高め、解体作業に伴う廃棄物の分別、再資源化ゴミ0の循環型社会に貢献し、収集運搬車両の徹底したエコドライブを実施しております。また「環境活動レポート」を公表するなど、社内外に対して情報を開示し、地域社会の一員として継続的な環境改善に取り組んでいます。

電子マニュフェストの導入

電子マニュフェストの導入

電子マニュフェストを導入することでIT化のメリットである「情報の共有」と「情報伝達の効率化」を活用して、排出事業者、処理業者における情報管理の合理化を推進しています。
さらに、偽造がしにくいため、都道府県等の廃棄物処理監視業務の合理化や府適正処理の原因者究明の迅速化に役立つなどのメリットがあり安全、適正な処理を実施しています。